アンチエイジングに

医者

小顔やシワ対策として役立つ治療

ボトックス注射は、ボツリヌス菌由来の成分を気になる部分に注入する治療となり、さまざまな用途に利用されています。筋肉の働きを弱めることができる成分でもあるため、発達しすぎている筋肉を小さくしたり働きを弱めたりすることによる影響を抑えることができます。運動をしている人や筋肉質な体質の人など、手足が筋肉によって太くなっている場合、その部分に注射を行うことによってスリムに見せることができるというメリットがあります。また、顔の治療にも多く利用されており、ストレスによる強い歯のかみしめによってエラの部分の筋肉が発達しすぎている場合、この筋肉に注入することによって小顔に見せる効果を得ることができます。これ以外にも、表情シワの改善としてアンチエイジング治療でも活躍をしています。年齢とともに出るシワには2つの種類があり、常に刻まれているシワに対してはヒアルロン酸などの注射が向いています。しかし、表情を動かした時に出てしまうシワに対しては、ボトックスが効果的です。自分では気をつけていても、家族や親しい人と話をして大笑いをしたり感情が抑えられずに怒ってしまったりする時には、表情が大きく変わることからシワが出てしまいます。しかし、ボトックス注射は必要以上に表情を動かさないようにさせることができるので、シワを気にせずいつでも自分らしく過ごすことができます。
治療内容によっては、初めて来院したその日にすぐに処置してもらえないこともありますが、ボトックス注射はその日のうちに施術してもらえる病院が多くあります。まずはカウンセリングを受けることになりますが、この時にどのような状態に仕上げてもらいたいのかを明確にしておくことは欠かせません。また、女性が顔の施術を受ける場合には化粧を落とす必要があるため、ノーメイクで来院するか化粧をして行ったとしてもメイク落としを持参すれば問題ありません。その日のうちにできる施術であっても、その人に合った治療を行うためにカウンセリングには時間をかけることになります。つまり、予約が必要という病院もあるので事前確認が必要です。カウンセリングでは、治療内容や料金の説明を聞いたり、体調の確認や施術部位の診察が行われたりします。万全な体制で行わなければ後遺症や副作用が出てしまう可能性もあるので、時には治療を断られてしまうこともあります。しかし、こういったカウンセリングで時間をかけて準備することで、安全で効果的な治療を受けられることになります。ボトックス注射は、部位や注入量は人それぞれです。自分に合った調整が行われてからの施術となるため、来院してから帰るまでには時間がかかることになるので、時間に余裕を持っておくことも重要です。

Copyright© 2019 美容整形をするときに知っておくと得すること All Rights Reserved.